引っ越し-ドイツに荷物を送って思ったこと- Part 1

Hallo Leute

 昨年の12月に9000キロ離れたドイツのハンブルクに引っ越して来ました。

 海外留学や長期滞在で荷物を海外へ送るときの方法や、

注意すべき点をシェアしたいと思います。

 

スーツケースに収まらなかった荷物たち

 12月のドイツは0度を下回る日もあり、かなり寒いです。

厚手のコートやブーツ、手袋、セーターやヒートテック

どうしても荷物がかさばります。

 

スーツケースに入りきらない荷物を低コストで送る方法は?

海外へ長期で行かれる方、皆さんはどうしていますか? 

f:id:maronpanna:20170408232418p:plain

 

郵便局から荷物を送る場合

  • 航空便、船便、エコノミー航空(SAL)便の3種類の発送手段が選べます。
  • ご利用の個数により10~20%の料金割引があります。
  • 重量は30kgまでOK(国により制限が異なります。)
  • 手続き簡単。専用ラベルに必要事項を記入し、はるだけでOK。
  • 万一に備えて保険も付けられます(国により制限があります)。

 ※1箱30キロで送る場合

  料金 お届け日数

★EMS(国際スピード郵便)

42,600円

3日

航空便 国際小包36,650円 5日
★エコノミー航空(SAL)便 国際小包26,550円 2週間前後
船便 国際小包13,750円 2ヵ月前後

 

 私は今回なるべく低コストで送りたかったので、30キロを2箱、

船便を選びました。

事前に郵便局に電話で問い合わせをすれば、家まで荷物を集荷に来てくれます。

 

今回は1箱30キロを2箱送りました。

ちなみに、1箱30キロを3箱船便で送ると41,250円、2箱なら27,500円。

 

最速約3日で届くEMSと船便を比較、28,850円船便の方がお得!

でも船便は2ヶ月前後かかる。。。

 2週間前後で届くエコノミー航空(SAL)便と船便を比較、

12,800円船便の方がお得!

でも船便は2ヶ月前後かかる。。。

 

ヨーロッパに住む私にとってのadvantage 、

それはヨーロッパ旅行が気軽にできること。

未だ見ぬ地へ、彼と旅行するのは2人の夢。

少しでも、旅費に回せるように、、、

迷わず船便ををchoice。

 

  • 1箱目は12月22日に発送し、翌年2月24日到着。
  • 2箱目は1月10日に発送し、3月16日到着。

 

荷物を送ると控え伝票を渡されます。

伝票にあるお問い合わせ番号(Item number)

を使って郵便局のWebサイトから、 

配達状況詳細を確認することができます。

こちらは2箱目の配達状況詳細です。 

f:id:maronpanna:20170408231450j:plain

届く荷物の中身が分かっているのに

届くのが楽しみで楽しみで、

毎日のようにチェックしていました。

 

待ちに待った荷物1箱目!!

 

ところが...

長くなってしまったので続きはまた次回。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

Bis dann